2016年が始まりました。

皆様におかれては、健やかに新しい年をお迎えのことと存じます。
私達「Ensmble Sylphide」の団員が、好きな歌を歌っていられるのは、それぞれの家族や、その周りにいる方々のサポートがあるからだと思っています。そして、指導して下さる益子務先生にも感謝しております。
まだまだ課題も多い私たちですが、新たな気持ちで、新しい曲にも挑戦するなどしていきたいと思っております。
2016年最初の練習もスタートしました。幸多き年となりますよう頑張ります。

団長 佐野 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

合唱団の新年度がスタートしました

女声合唱団Emsemble Sylphideとして、「新たに一歩」という感じで新年度スタートしました。2015年に出演する演奏会はもちろん、レパートリーを増やし、そして、活動の幅を広げていきたいと思っています。いろいろなシチュエーションで、言葉を大切にしながら、聴いてくださる人たちの心に語りかけられるハーモニーをお届けできるようがんばっていきたいと心新たに決意しておりますメゾソプラノパートリーダーとしての役割も尽力していきます。


小林  早江子メゾソプラノ パートリーダー




0 コメント

オールマイティーな楽曲を演奏できる合唱団を目指して

12月7日(日)の神戸ユニオン教会は、早朝からの演奏でしたが、今回はRutterの曲やJazzyなChristmasキャロルなど、色々な楽曲を披露しました。Ensemble Sylphideのカラーを出しながら、私達楽しみ演奏している姿を聴衆の皆様に伝えられ、楽しんで頂け、何よりでした♪

今後も、オールマイティーな楽曲を演奏できる合唱団を目指して邁進していきたいと思っております
 
ソプラノ 太田






0 コメント

心を言葉とハーモニーで、人の心に手渡し

メンバーが少し入れ替わり、新たな感じでスタートしたEnsemble Sylphide。これからこのメンバーで落ち着いて練習を始めて、私たちの響きを創っていくことに、ワクワクしています!
近鉄アート館でのEnjoy Classicとても新鮮な演奏会で楽しく、自分たちの課題も見えました。可能な限り、出られるところに出向きEnsemble Sylphideの名前を広く知ってもらえるよう実力をつけていきたいと思っています
心を言葉とハーモニーで、人の心に手渡しするような歌が歌えるようになりたいなと思います。
 
運営委員 アルト  小林

 




0 コメント

新しく風が吹き込みました

10月大阪本町「せんば鎮守の森音楽祭」あべのハルカスEnjoy Classic慌ただしく過ぎ去った気がします。11月に入り、私たちEnsemble Sylphideに新しく若い元気な風が吹き込みました。新入団員加入・嬉しい限りです。練習は本年度最後の演奏会となる12月7日のユニオン教会に向けて、また、来年度の演奏会を目指して、練習に励みます。

 

運営委員 ソプラノ  友金





0 コメント

新曲練習開始

11月になり 新しい曲への練習始まりました。当たり前ではありますが、顔も声も性格も違うメンバーが同じ歌を歌う難しさを痛感しているこの頃です。耳を澄ませて、心地よい音楽を伝えていきましょう!

運営委員 ソプラノ 石井




 


0 コメント

これぞプロ!!

「ENJOY CLASSICVol.2」に際しては小道具係も担当しました。音楽の次に好きな教科が美術だったので、小道具作りは面白くて大好きです写真は、公演プログラムで使用した「」の形をした歌詞フォルダーが完成した時です。本物だったら良い香りだろうなぁ~などと記念に写しました。
さて、今回の公演で目の当たりにしたのは、前日練習の時まで試行錯誤されていた南青さんの本番の仕上がりです。何故なら、どちらかと言えばマニアックな作曲者の名前専門的な音楽用語が次々出てくる今回の台本に、南青さんが、ゲネまで苦労されておられたのですが、本番は見事に覚えられ、しかもアドリブも入れて語っておられるなど、観客を惹き付け。てっきりダイホン原稿を台の上に置いて話されると思っていたので、ビックリ!!
打ち上げに向かう途中、団員の一人から「どうやって覚えるのですか?」と質問したところ「毎日、講談のことを考え続けているので頭に入るんです」と、さらりと答えられていました。これぞプロ!何か月も前から楽譜を受け取っているにもかかわらず、暗譜ができないとこぼしている自分が恥ずかしかったです。「毎日考える」という南青さんの言葉を心に留めて今後の練習に臨むこと誓いたいと思っています。 2015年3月1日には、第3回のEnjoy Classic開催されますので、演奏はもちろん南青さんの軽快な喋りと努力の積み重ねを聞かせてもらえるのも今から楽しみです。

運営委員 ソプラノ 森 かほる 



0 コメント

舞台大好き

近鉄アート館でのEnjoy Classic Vol.2 沢山の方々が来て下さいました。1部から3部、シルフィードは出ずっぱり!
舞台に上がることが大好きな私には、とっても嬉しい時間でしたこの公演は、クラシック音楽と講談のコラボという企画。旭堂南青さんの講談を楽しみ、ソプラノ田中希美さん、バリトン滝川千春さんの歌声、そして島田香さんのクラリネットに感激しながら、合唱を力一杯歌いました。第一部の「鬼と桃太郎の立ち回りの場面では、植田祐加里さんとのピアノ連弾楽しみましたお客様の反応も感じさせて頂きました。来てくださった方々、そして、益子先生をはじめ、この公演を創り上げるために、関わったすべての人々に、感謝感謝です。

アルト  渡邉智子

0 コメント

音楽は素敵!歌うことは素敵!

あべのハルカス近鉄アート館にて、「Enjoy  Classic  Vol.2」が開催されました。朝からの リハーサル、ゲネプロ、  本番と 一日が  あっという間に 過ぎて行きました。イケメンの講談師 南青さんの語りに引き込まれ ソプラノソロの田中希美さん  バリトンソロの滝川千春さん 美声にうっとり。そして、クラリネット 弦楽器の素敵な音色 も加わり、舞台で自分が歌うということを 忘れそになりました。改めて「音楽は素敵!歌うことは素敵!」 と思えた時間でした。この感動が  聴きに来てくださった方にも、届いているとさらに嬉しいです。


アルト 瀬戸口 久恵 

0 コメント

Enjoy Classic の本番を終えて

10月19日、「音楽がかたり、言葉が奏でる~ENJOY CLASSIC VOl.2」では、クラシック講談コラボするプログラム。近鉄アート館で本番を終えました。
午前中、ゲネプロが始まり刻々と過ぎる時間の中に皆さんの熱意が加わ、私達Ensemble Syuphideも普段の歌に加えて、今回は動きもあり、本番で上手くいくでかとドキドキ。しかし、とにかく集中あるのみ、自分たちが楽しめないと、お客さまには、届かない今回は講談師の旭堂南青さんをはじめ、ソプラノ田中希美さん、バリトン滝川千春さん、ピアノ、クラリネットの出演者の方々、そして、舞台監督、音響、照明、制作統括等々、公演に関わるさまざまな方々にお世話になりましたクラシックの美しさと面白さを、いつもとは違うステージに立たせて頂き、改めて味合わせてもらったように思います。そして終わってみれば、細かいミスはあったかもしれません私達やっぱり本番には強いかも‥‥♪心ハーモニーはもちろん、心配された動きもバッチリ。
これぞ「エンジョイ クラシック♪」お客さまにはどんな風に聞こえ、どんな風に感じられたでしょうか。


アルト 上坂淑子

0 コメント

ハルカス本番まで、あと少し。

本番に向け、練習を繰り返してきました。そして、前回の練習での録音を聞きながら歌い、鏡を見ながら動いてみました
頭の中で、練習してきたことが、駆け巡ります。仲間と一つになって、最高の舞台を創る喜びを噛みしめ、そしてチケットを買ってくださり、会場に足を運んで下さる皆さんに、楽しんでいただけるよう精一杯、頑張ります。ご期待ください。

明日は最終リハーサル♪
 
アルト  田淵倫子

0 コメント

公演間近で、練習も大詰め  

昨日は、午前中の合唱自主練習から始まり、夕方まで、リハーサルのリハーサル!?の1日でした。
全てのプログラムの立ち位置決まり、出ハケの練習まで。そして、歌と動気を伴う練習進むに連れ、思うように、足が出なくなる程緊張それから…今回、コラボレーションする、講談師の南青さんとの初めての合わせとなりました。噂で聞いていた以上の爽やかな好青年でパンフレットよりもずっとずっと男前!!   実際に目の前での講談は初めてだったのでプロの語り口に圧倒されました。と同時にどうやって、発声してるんだろうと感心と興味を持ってしまいました。クラシック音楽と講談という初めての試みとともに、皆で同じ方向に向かって1つの物を創っていくことの喜びを味わっています。関わる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです!あと数日で本番を迎えます不安が自信に変わるよう練習あるのみ!!


ソプラノ 山本

0 コメント

せんば鎮守の森音楽祭出演

秋晴れの中 大阪中央区にある坐摩神社で開催された 「せんば鎮守の杜音楽祭」に参加いたしました。朝早くからのリハーサルから始まり夕方薄暗くなる本番まで、色々な音楽を聴かせで頂きました。
吹奏楽、合唱、オペレッタ  それぞれの団の普段の練習成果に拍手が沸き起こっていて、世の中で起こっている痛ましい事件や災害などを忘れさせてくれる時空間でした。最後にマンドリン伴奏に合わせ 「見上げてごらん夜の星を」を鎮魂歌とし全員合唱しました。今 こうして歌っていられる事に感謝したいと思います。
 
せんば実行委員の方々 お世話になり有難うございました。
さあ、 また、明日から次のステップに向けてGO!! 

 

団長 佐野


0 コメント

チェコ演奏旅行打ち上げ開催

「PRAHA KLASICA音楽祭」含むチェコでの演奏会を盛況に終え、健闘を称えた打ち上げが、開催されました。演奏会に因んだお話はもちろん、現地での面白話や思い出話など、益子先生をはじめとして、ソリストの田中希美さん等も加わり、団員の皆さんは、とてもいい笑顔で、美酒を分かち合いました。

えっ、こんな面があったの(笑)と、練習では見れない楽しい面も、チラホラ♪

素晴らしい場所で素晴らしい仲間と、素晴らしい演奏を終えた喜びが満ち溢れていました。

マネージャー 中野

 





0 コメント

感動できる音楽を

爽やかな季節になり、モーツアルトが避暑に訪れたと云うチェコを思いだします。

シルフィード団員に、キリスト教信者さんがいて、チェコでは、その方と一緒に、

現地の教会を幾つか、巡りました。同行した彼女の話を聞き、教会の素晴らしい

ステンドグラスを前に、合唱団で歌った時には、気持ちが高揚し、今までと違っていました。
これから みなさんと共に、感動できる音楽作っていきたいと、思います。


運営委員  星川

 



0 コメント