これぞプロ!!

「ENJOY CLASSICVol.2」に際しては小道具係も担当しました。音楽の次に好きな教科が美術だったので、小道具作りは面白くて大好きです写真は、公演プログラムで使用した「」の形をした歌詞フォルダーが完成した時です。本物だったら良い香りだろうなぁ~などと記念に写しました。
さて、今回の公演で目の当たりにしたのは、前日練習の時まで試行錯誤されていた南青さんの本番の仕上がりです。何故なら、どちらかと言えばマニアックな作曲者の名前専門的な音楽用語が次々出てくる今回の台本に、南青さんが、ゲネまで苦労されておられたのですが、本番は見事に覚えられ、しかもアドリブも入れて語っておられるなど、観客を惹き付け。てっきりダイホン原稿を台の上に置いて話されると思っていたので、ビックリ!!
打ち上げに向かう途中、団員の一人から「どうやって覚えるのですか?」と質問したところ「毎日、講談のことを考え続けているので頭に入るんです」と、さらりと答えられていました。これぞプロ!何か月も前から楽譜を受け取っているにもかかわらず、暗譜ができないとこぼしている自分が恥ずかしかったです。「毎日考える」という南青さんの言葉を心に留めて今後の練習に臨むこと誓いたいと思っています。 2015年3月1日には、第3回のEnjoy Classic開催されますので、演奏はもちろん南青さんの軽快な喋りと努力の積み重ねを聞かせてもらえるのも今から楽しみです。

運営委員 ソプラノ 森 かほる